• [0]
  • 日本人的絵描きの身体作り

  • 投稿者:塾長
 
昨日、私の仕事場を訪ねてくれた友人が、
「しかしよく倒れもせず、疲れもせず、体が持つな」といってました。
彼はちょっと知られた特別のヒーラーさんでもあるから、
よもやま話とは違う意味で私に聞いてくれてるのです。

そう、ひとつには「没頭」と言う事がもう一つのエネルギータンクを開けるコツなのかも知れませんが、
普段心がけて置くと良い習慣づけのようなものもあるにはあります。

これは武道にも通じるのですが、普段町歩きの時でも思い起こして、
ゆったり深い腹式呼吸をしながら、息が頭の天辺から足先まで通り貫いているのを感じ、
一本の光の銀線で天地の軸に連なった様に意識しながら居る事。
時折吸った息を止めてヘソの下辺りに集めて重心を感じる様にする事。
(それ自体結構いい休息になります)
その、天地を貫く一本の柱が自分の芯で、
両肩も腕も変な力は抜いて、柱からぶら下がってる感じで居る事。
(ミッキーマウスの手足か?)
いざ絵に向う時は、
「描かれたい絵そのもの」或いは「絵心そのもの」に自由に使って頂ける、「抵抗のないからだ」がその感じなんだけど、
そういう身体意識。
これは行住坐臥実行出来る自然体の練習ですね。
しかし殆ど弓道ですね、これ。
書道にも生きてます。

おそらく(事情や実入りは兎も角として)今の私くらい沢山鉛筆を走らせてる人ってそういないと思うんですが、
ペンダコやコリは思い掛けないほど少ない、と言うか、殆ど無いのです。
力強いタッチの部分も
弓を力で引き分けるのではないように、
呼吸でやってる気がします。

これらは、キャッチした物を極力自分の「力」や習慣的「我」にでしゃばらせず描く準備運動であるとともに、
この大変な仕事で疲れにくいコツの一つかも知れません。
若い頃何時もそうしてたけど、
今は私も殆ど忘れがちです。
でもたまに、仕事帰りに事務所を出て空を見上げた時とか信号待ちなんかに
無意識にそうしてる自分を発見したりもします。

と、こう書いてみると、PAPA流って
日本人にしか通じない芸道か?と言う気もしてきます。
いや、禅がユニヴァーサルである様に、
芸道もきっとユニヴァーサルと信じたいです。

※2007年08月12日 01:38 PAPA投稿

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [6]
  • 6 2007年08月12日 20:50 PAPA

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時10分42秒
  • 返信
 
多分この仕事って、傍目の印象には楽に見えると思うんだけど、
永年やるとなると尋常じゃない、それも筋力の強さとも違う、
独特の強さが必要になりますよね。

特に皆さん、眼が大事ですよね。
私も30代で目が悪くなってからがきつかったです。
夕方以降、目が疲れてからの時間帯は、倍疲れますもんね。
実は細かい事が出来なくなったと言うのも、
キャラクターデザインの会社を辞めた後、
フリーハンドイラストに専念した大きな理由なのです。

可能なら、目が疲れたなあと思ったら、
五分でもいいから、刺激の少ない目薬なんかさして眼をとじる。
ジェル入りのアイマスクとか、
セラミック繊維のアイマスクとか、
そう言うの当てて休息を入れる。

等々やった方が良いですよね。

  • [5]
  • 5 2007年08月12日 11:13 PAPA

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時09分18秒
  • 返信
 
>自分のあたまのてっぺんが空から一本のひもでぶら下がっている感>覚を意識する。ってことです。

やっぱり、毛筆使う人にはその感じが必要なのかな。
そしてまた、毛筆の感覚こそは硬いペンにも必要。
ただ唯一ペンタブにだけは活きないんだよね。

  • [4]
  • 4 2007年08月12日 09:32 はまちゃん

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時08分13秒
  • 返信
 
わたしは、週に4日ぐらいは15分から30分程度ジョギングしています。
ジョギングしたあとのシャワーが気持ちいいっす。

あと、普段歩く時に心がけているのは、自分のあたまのてっぺんが空から一本のひもでぶら下がっている感覚を意識する。ってことです。
PAPA塾長は、人物をイヤというほど描いているから自然にわかっていると思いますが。人間年を取ったり、覇気がなくなってくると頭の位置、アゴの位置が下がってくるんですよね。肩に対して。元気のいい時は、自然に頭の位置が上がる。
逆に言えば、頭の位置を高くキープするようにすれば、元気を失いにくい。体と気力は一体ですからね。

  • [3]
  • 3 2007年08月12日 03:36 PAPA

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時07分6秒
  • 返信
 
丹田にチカラ
と言うのは、余計な所にチカラ入れないって事でもあるのかな。

睡眠については、この一年
私は世界一寝てないオジサンだったと思います。
体に良い訳ないですよね。

丈夫に産んで頂いたと言う事か。
あるいは
好きこそものの丈夫なれ、とか?

  • [2]
  • 2 2007年08月12日 02:44 森のくじら

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時04分45秒
  • 返信
 
ぼくも歩いているときは、描いているときも
丹田にチカラを入れている気がします。
なので、かなり運動不足ではありますが、なんとか
腹筋は軽く割れてます。
あと、よっぽど疲れたときは、ゆっくり筋肉と会話
しながらストレッチをします。意識しながらゆっくり動かすと
ああ、ここだこうなんだねという感じで自分の体の
ことが見えてきますね。(一応、元整体師&少林寺拳法やってました。)
あとは、やはり睡眠だけはできるだけ、とるようにしています。睡眠不足だけは、どうしても耐えれません。よく寝る子ですので。

  • [1]
  • 12007年08月12日 02:08 PAPA

  • 投稿者:塾長(転載)
  • 投稿日:2009年 3月19日(木)23時02分38秒
  • 返信
 
あ、それはそれとしても、
例えば重い物は右手で持たない、
電車のつり革も左手で、
なんて言う同業者も多いかしら?

私、昔会社の同僚の肩こり女(失敬)に指圧をしてあげた後で
キャラクターデザインの仕事に戻ると、
手が震えて一日使い物にならない事がありました。

そんな訳で私、マッチョとはほど遠い体形です。

塾生の皆さんの中にはマッチョな人も居るかしら?
仕事の無い時期には、かためて筋トレしておくのが良いかな?

皆さんの色々な体調管理も、良かったら教えて下さい。


レンタル掲示板