teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


めも

 投稿者:MAO  投稿日:2017年 8月 2日(水)15時37分6秒
  四方上下これを宇といい古今未来これを宙という(淮南子)

 宇が空間で宙が時間っちゅうことやな。
 
 

あったー!

 投稿者:MAO  投稿日:2017年 4月 7日(金)03時19分59秒
  Mihailo Cumic (メモ)  

現状の

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 5月20日(金)00時04分17秒
  把握と判断。  

いいと思う

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 4月28日(木)11時44分54秒
   まだ思いつくことがあるならば、先がある。


 ついでに(わざわざ言おうかどうしようか迷ったんだけど)、ミクミキ先生の長所は、というと。なんだかんだで長編を仕上げられることよね。実はこれだけで相当な希少種だと思うの。

 あの異世界裁判モノがミクミキベストだと思います。「感染ル」の中では合宿にいって歩道橋の上の幽霊に遭うやつ。
 はっきりとしたわかりやすいコンセプトがあれば最後まで書ける、というのがわかっている。この辺を突き詰めればもっと評価されるだろう、と思っています。
 コンセプトというか、ネタが良ければ最後までキッチリ仕上げられる。この辺を活かしたいわ。
 

(無題)

 投稿者:たぬ。  投稿日:2016年 4月25日(月)01時17分41秒
  スターシステムを採用できるキャラクタを書きたいと思うのです。
わたしの作品らしさ、を代表してくれる「ひとりの役者」を育ててみたい。
欠点として「似たようなキャラクタ」と言われるなら、敢えて同じひとを書いてみようと。

いままで、なんとなくで来れてしまった。
行き詰まるなら、売りやパッケージ、需要のことを置き去りのままでは進めないところまで、やっと来られたのだと考えます。
 

見てるかしら

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 4月 4日(月)15時31分56秒
   ヤケクソ気味な劣等感とか無能感を通過して、ようやく自分の専売特許的なものを追求しだすと思うの。
 だから、間違っていないと思うですし。
 

ほんとにメモ

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 3月31日(木)07時33分38秒
  20140526 第18回文学フリマで頒布しました作品集vol.16「ライン」3ページ下段1行目<び乗った。桃の木はずしんずしんと小気味よ>までは編集上のミスであります。まるっと削ってください。失礼いたしました。  

問7

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 3月15日(火)22時53分58秒
  ストレスは本当に仕事に生かせるか、か?  

語り手の問題

 投稿者:ぢる  投稿日:2016年 2月19日(金)23時10分5秒
  物語の語り手を想定するとき、いわゆる三人小説だと「語っているお前は誰だ」という問い。
つまり、語るからには語る相手がいて、語られるべき物語の内容があるはず。

ここを明確にさせないと、「物語」としての精度はぐっと落ちる気がする。
精度が落ちるどころか、気持ちが悪くて筆が止まる。
 

(無題)

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年10月18日(日)20時39分40秒
   「どこどこにいくのは構わないけど行った先のことまで責任は持てんよ」ちうのは正しい気がするんだがなぁ。
 それを「自己責任」と置換するからわけがわからないことになるのかしら。
 

爆発

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年10月10日(土)22時28分38秒
   燃焼による爆発というのは、ものが酸素と激しく結びつくことで起こったりする。

「爆発」というキーだけ拾って、なんかこう、つくったものと読み手が「激しく結びつく」ってどういうことでせうねえ。
 

んで

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年 9月28日(月)10時11分42秒
  よりローリスク・ハイリターンなものを提示できればみんなそっちに行くんです。
なぜそういう方面に議論が進まないのか。

もっとこっちのほうが危険なく儲かりますよ、というところに知恵を集中させないのか。
いままでも生み出してきたはづなのに。
 

まぁその

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年 9月17日(木)17時43分36秒
  「現実が正解」でしてな。
 その現実をよく考えて、どういう判断をするか、ということでしかない。

「物事の判断と対処を間違うやつを莫迦という」と同じ人が言ってましたっけ。
 

そういえば

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年 9月 2日(水)22時18分15秒
  「ミニコミ」ってどこにいったんだろうな。
「たま」解散の99年、およびその前後には相当強力なミニコミ文化があったはづなのだ。

で、「五蘊冗句」はそっちに引かれてった。引かれすぎて沈んでいった。
 いまはどうしてるんだろう。
 

メモ

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年 5月26日(火)09時51分46秒
  「ブラタモリ」は普段公開されないところを「タモさんだから」って観られるところが強み。
 ある意味、全能の主人公っぽい雰囲気。

「モヤさま」は主人公3人が町の人に翻弄されるところに面白さがある。
 ベーシックな「珍道中」。
 

命題

 投稿者:ぢる  投稿日:2015年 5月23日(土)16時25分33秒
   フラストレーションの解消は教養なのか? という問題。
 鬱憤を晴らすところがなくてブチ切れて犯罪、みたいなのが多くて、それが「増加傾向にあるのか否か」という下調べは必要であるが、ただ、そのへんにちょっと引っかかるものを感じておる
 

およ

 投稿者:ぢる。  投稿日:2014年12月14日(日)07時04分20秒
  ミクミキなにがあった。静観しているが  

華続き

 投稿者:ぢる。  投稿日:2014年12月 4日(木)22時20分16秒
   昨日F○S歌謡祭の番組を観ててピンとくるものはあった。
 テレビに映る人々でも、男女関係なく「アイドル」ってどうしてもファン向けにパフォーマンスしてしまうみたいなところがある。主な顧客はどうしてもファン層だからそっちに力がはいるんだけど、そうれだけではなくて、そんなに耽溺していない、ファンでもない人にも「おっ」と思わせる力だよなと思った。ももクロもそう。セカオワもそうだと思った。

 そのジャンル、大して興味はないけど知ってるよ、というのが華だという仮定を措いてみる。
 

なるほど

 投稿者:ぢる。  投稿日:2014年11月23日(日)13時56分29秒
   定義から入っちゃうとキャラクターのアラ探しみたいになっちゃうもので、具体的には何か、誰か、ということをつらつら考えてるのよ。野球選手ではそうか、長嶋に華があるとしたら野村はどうなのか、とか。落語における志ん朝と談志、でもいいですが。

 まだ明確に出てこない。「華があるもの」のサンプルが足りない。
「タモリ」はあれは華かね。

 

華があるとは

 投稿者:たぬ。  投稿日:2014年11月23日(日)13時20分27秒
  何の気なしに、目を惹きつけられるひと・ものの形容 かなと。
うつくしいとか華やかだとか、辞書的な意味はありますけれど、それだけではなく。

興味を引かれずにはいられない。そのまわりに、自然とひとが集まってしまう。
そんな印象。
 

レンタル掲示板
/13