teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


NEC学生バードソン2011開催のお知らせ

 投稿者:学生バードソン2011実行委員会  投稿日:2011年 5月 7日(土)14時05分42秒
返信・引用
  管理人様 昨年に引き続き本年度も告知をさせていただきます。

こんにちは!!
NEC学生バードソン実行委員会です。
大学生主催の自然保護チャリティーイベント「NEC学生バードソン2011」の開催が決定しましたので、お知らせします。
学生バードソンは楽しみながら自然保護ができるイベントです!!
皆様の参加をお待ちしています。

―――――――――――
NEC学生バードソン2011
―――――――――――

◆学生バードソンとは?◇
学生バードソンとは、バードウォッチングと募金集めを行う
チャリティーイベントです!!
3人1組でチームを作り、競技開催日の限られた時間の中で、
①何種類の野鳥を確認できるか【確認種数】をチームごとに競います。
さらに、競技日前後の決められた期間内に
②総額いくらの募金を集められるか【募金額】
③何人の方から募金を集めることができたのか【募金者数】
以上の3つの項目、及び総合で順位を競います。

集められた募金は自然保護のために役立てられています。

◆今年の募金先は?◇
今年度は(公財)日本野鳥の会の「カンムリウミスズメ保護事業」に全額寄付をし、
カンムリウミスズメの保護や調査などに役立てていただきます。
日本野鳥の会は、人と自然が共生できるよりよい社会を作るために、
野鳥に関する調査・研究や適正な保護活動の普及などを行なっている、国内最大規模の自然保護団体です。
「カンムリウミスズメ保護事業」とは、日本近海に生息し、「絶滅危惧Ⅱ類」に
指定されている海鳥、「カンムリウミスズメ」の保護を目的として、
日本野鳥の会が2009年度の創立75周年を機に、本格的に取り組み始めた活動です。

●競技開催日:6月12日(日)

●場所:全国各地で、好きな場所でバードウォッチングを行うことができます!!

●対象者:どなたでも参加できます!!自然が好きな人、野鳥が好きな人、自然保護に興味がある人はぜひご参加ください。

●参加費:無料

●参加方法:チーム代表者のお名前と、ご連絡先を明記の上、
necbirdathon2011@yahoo.co.jp までその旨御連絡ください。
参加に必要な資料をお送りいたします。

●参加申込締切:5月20日(金)

*競技の内容等の詳しいことはHPをご覧ください↓

○主催:NEC学生バードソン2011実行委員会
http://www.fa-net.org/birdathon/2011/

○協賛:NEC(日本電気株式会社)
http://www.nec.co.jp/community/ja/eco/birdathon.html

○募金先: (公財)日本野鳥の会「カンムリウミスズメ保護事業」
http://www.wbsj.org/nature/kisyou/sw/index.html

<お問い合わせ先>
◇学生バードソン2011実行委員会
●E-mail necbirdathon2011@yahoo.co.jp (担当:亀崎)

よろしくお願い致します。

http://www.fa-net.org/birdathon/2011/

 
 

「NEC学生バードソン2010」開催のお知らせです!

 投稿者:学生バードソン2010実行委員会メール  投稿日:2010年 5月12日(水)03時30分17秒
返信・引用 編集済
  管理人様 昨年に引き続き本年度も告知をさせていただきます。

自然保護チャリティーイベント、「NEC学生バードソン2010」開催のお知らせです!絶滅危惧種であるカンムリウミスズメを救うため、皆様もぜひご参加ください。

○競技実施日:6月13日(日)
○申込締切 :5月20日(消印有効)
○場所   :日本全国どこでも
○参加資格 :どなたでもOK
○参加費  :無料
○主催   :学生バードソン2010実行委員会
○協賛   :NEC(日本電気株式会社)
○募金先  : (財)日本野鳥の会「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」
○お問い合わせ先:
E-mail  necbirdathon2010@yahoo.co.jp (担当 源関)

【学生バードソンとは?】
『学生バードソン』とは、バードウォッチングと募金活動を掛け合わせたチャリティーイベントです。「楽しく自然に触れながら、日本各地の自然保護に貢献していく」ことを趣旨として大学生が企画運営をしており、毎年全国から様々な学生チーム、社会人チームに参加していたただいております。
競技当日は電話で各チームと連絡をとりながら、ブログで実況中継していきます!

【本年度の募金先について】
本年度は「守ろう!カンムリウミスズメ 海で繋がる生物多様性」を合言葉に、募金先を昨年度に引き続き(財)日本野鳥の会「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」に決定いたしました。「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」は、日本近海に生息し、「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されている海鳥、「カンムリウミスズメ」の保護を目的として、日本野鳥の会が創立75周年を機に、本格的に取り組もうとしている活動です。

学生バードソンで集まった募金はカンムリウミスズメのより精度の高い調査活動に役立てられます。

より詳しい内容や参加方法につきましては、私たちのホームページに書いてありますので、ぜひご覧になってください!!申込用紙や資料もダウンロードできます!

NEC学生バードソン2010 『バードソンを知らない方へ』のページです↓
http://www.fa-net.org/birdathon/2010/mikeikensya.html

よろしくお願い致します!!

http://www.fa-net.org/birdathon/2010/index.html

 

入荷情報

 投稿者:K  投稿日:2009年10月25日(日)12時00分22秒
返信・引用
  10月23日 わが職場にジョウビタキ♀、1羽のみ入荷。  

入荷情報

 投稿者:K  投稿日:2009年10月22日(木)07時24分32秒
返信・引用
  二河川にニュウナイスズメ、入荷しました。
数は不明。通りすがりに一瞥のみ。
 

毛虫

 投稿者:  投稿日:2009年 5月22日(金)10時23分41秒
返信・引用
  暖冬のために今年は毛虫が異常に多いって話を聞きます。
「薬」を使えない我が職場は毛虫だらけで大変です。

一匹一匹お引取りを願っていますが、鳥達も大変協力的で、
ツバメまでホバリングしながら毛虫を啄ばんでくれています。
昨年の「青虫」持ち帰りを少し納得しました。
 

キアシシギ

 投稿者:  投稿日:2009年 5月22日(金)10時14分9秒
返信・引用
  ご近所といえば随分内陸ですよね。
キアシシギって「海岸」のイメージでした。
勉強になります。

我が職場では「若鳥ラッシュ」です。
スズメ・メジロ・エナガ・シジュウカラの幼い奴らが、
頼りない飛び方で行ったり来たりしています。

ツバメは先日孵化しました。
餌運びの観察記録を付けたかったのですが、やっぱり不可能でした。笑
 

近所の川にて

 投稿者:guts@可部  投稿日:2009年 5月20日(水)15時50分33秒
返信・引用
  キアシシギが、2羽程通過中。
小魚を飲み込んでました。

モズに子供ができました。
親鳥が見張ってて「ぎちぎちぎち」。

川辺りの荒廃地(元田んぼ)が、草刈りでサッパリしていくー。
キジが所在無さげに「ケンケーン」ドドドォ。
 

いつまでいるんだ?

 投稿者:  投稿日:2009年 5月13日(水)10時49分5秒
返信・引用
  私自身はもう何年も会えていないのですが、
今シーズンもあちらこちらでの出現情報を耳にし、
そして5月も中旬を迎えようという時期の複数情報。。。

あんたらいつまでウロウロしてんの???って感じです。

ウロウロしてんなら私の職場にも来ておくれ。。。涙
 

ヒレンジャク

 投稿者:guts@可部  投稿日:2009年 5月11日(月)10時15分8秒
返信・引用
  あちこちに登場している様子のヒレンジャク。
なんと、うちの近所にも来ておりました。
今朝、神社の階段を降りて電線を見ると、鳥が並んでいる。
カワラヒワがよく並ぶとこなので、「カワラヒワか~」と思って見ていたら、
なにやら、「ひ~」「ひ~」言っているので、双眼鏡で見ると10羽のヒレンジャク。
暫くすると、南の方向に飛んで行きました。
ヒレンジャクだから「ひ~」。
 

RE:オオヨシキリ

 投稿者:K  投稿日:2009年 5月 1日(金)23時04分46秒
返信・引用
  本日、役場の帰り道。
二河川沿いでたった1分車を停めてみました。

オオヨシキリの声は聞こえず。
 

オオヨシキリ

 投稿者:里山遊  投稿日:2009年 5月 1日(金)07時10分11秒
返信・引用
  昨日、黒瀬川を走っていたらオオヨシキリの声。初認かなー?
セッカも鳴いていました。
 

RE:無題

 投稿者:K  投稿日:2009年 4月26日(日)05時55分21秒
返信・引用
  ホトトギスって結構早いんですね。
5月中旬かと思っていました。

シロハラ・ツグミ、まだ職場に居られます。
ツバメは昨日から座り始めました。
コシアカも来ました。
 

(無題)

 投稿者:g  投稿日:2009年 4月24日(金)17時29分4秒
返信・引用
  半日の山行き。

ホトトギス、ツツドリ。
しっかり渡ってきていますね。
 

「NEC学生バードソン2009」開催のお知らせ

 投稿者:学生バードソン2009実行委員会 岡  投稿日:2009年 4月24日(金)02時45分48秒
返信・引用
  管理人様 昨年に引き続き告知をさせていただきます。

自然保護チャリティーイベント、「NEC学生バードソン2009」開催のお知らせです!絶滅漂うカンムリウミスズメを救うため、皆様もぜひご参加ください。

○競技実施日:6月7日(日)
○場所   :日本全国どこでも
○参加資格 :どなたでもOK
○参加費  :無料
○主催   :学生バードソン2009実行委員会
http://www.fa-net.org/birdathon/2009/
○協賛   :NEC
http://www.nec.co.jp/community/ja/eco/birdathon.html
○募金先  : (財)日本野鳥の会「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」
http://www.wbsj.org/nature/kisyou/sw/index.html
○お問い合わせ先:
E-mail  necbirdathon2009@yahoo.co.jp (担当 白井)

 私たち学生バードソン実行委員会は、バードウォッチングと募金活動を掛け合わせたチャリティーイベントである「学生バードソン」を開催します。
 バードソンとは、3人1組のチームを作り、規定の時間内により多くの種類の野鳥を観察できるかを競う競技です。また、募金を併せて行うことで、「バードウォッチングを通じて、楽しく自然に触れながら、日本各地の自然保護に貢献していく」ことを趣旨としたイベントとなっています。
 本年度は「守ろう! 絶滅漂うカンムリウミスズメ そして輝く海と島」を合言葉に、募金先を(財)日本野鳥の会「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」に決定いたしました。
 日本野鳥の会は、人と自然が共生できるよりよい社会を作るために、野鳥に関する調査・研究や適正な保護活動の普及などを行なっている、国内最大規模の自然保護団体です。
 「カンムリウミスズメ保護プロジェクト」は、日本近海に生息し、「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されている海鳥、「カンムリウミスズメ」の保護を目的として、日本野鳥の会が創立75周年を機に、本格的に取り組もうとしている活動です。
 カンムリウミスズメは、釣り人の捨てた生ごみに誘引されるカラス等による捕食被害、タンカー事故による生息環境の汚染、魚網による混獲が近年深刻となっています。しかし残念ながら、その生態があまりよく知られていないことや、保護活動の前例が少ないことから、効果的な保護計画が打ち立てられずにいます。
 学生バードソンで集まった募金はカンムリウミスズメのより精度の高い調査活動に役立てられます。これを機に、カンムリウミスズメの生態解明が進み、また海洋環境における生物の多様性が守られることを切に願います。自然との触れあいを通した自然保護活動への皆様のご協力をお願い申し上げます。

よろしくお願い致します。
 

渡来と渡去

 投稿者:K  投稿日:2009年 4月13日(月)23時26分29秒
返信・引用
  皆さん、フィールド便りをありがとうございます。

お返事に代えて近況を。
3月に帰ってきた職場のツバメ。
長い間独り身でしたが、昨日(12日)からやっと2羽になりまして、
巣作りを開始した模様です。(巣材運び確認)

職場の隣の空き地から、毎日ヒバリが空高く舞い上がります。
よそ様では当たり前の風景かもしれませんが、
わが町に置きましてはかなり珍しい部類の光景でありまして、
一人ドキドキしながら見守っています。

熊野のお山にも、とっくにコマドリ・・・って思いながら、
一度もフィールドに足を運べていない状況です。

動けないときは動けない。人間諦めが肝心です。笑
 

夏鳥

 投稿者:narumi  投稿日:2009年 4月13日(月)20時15分44秒
返信・引用
  11日に灰ヶ峰公園でツツドリ、サンショウクイ、センダイムシクイを観察しました。例年だと、キビタキ、オオルリが観察できるのですが?確認できず、コマドリもなし。
いよいよ夏鳥の渡来シーズンが始まりましたね~
 

ノビタキとアオジ

 投稿者:guts@可部  投稿日:2009年 4月13日(月)12時28分35秒
返信・引用
  昨日、太田川でいくら探しても見つからなかった「ノビタキ」。
今朝、近所の川原の葦にいた。
昨日の午後にも見た場所なので、どうも昨晩やって来たみたい。
真っ黒頭の3羽。
「ノビスケ」「ノビタ」「ノビロー」と命名。

あと、この時期になるとどんどん上に上がって行く「アオジ」。
今日の天気のいいのに満足した様で、さえずりを聞かせてくれました。
「ぴゅーひゅるりりり、ぴゅーひゅりり、ぴゅーちゅるちゅるひゅりり...」
テキスト起こしするとこんな感じ。

「オシドリ」は「帰り道カモ」の日を最後にいなくなりました。
 

荷下ろし

 投稿者:  投稿日:2009年 4月11日(土)18時33分43秒
返信・引用
  一泊だけの山行き。
夜、トラツグミ、フクロウの声頻繁。
トラさんはすぐの傍の藪まできてくれました。
朝はコシアカツバメ。12羽の乱舞。
ヒガラも降りてきています。

それにしても、4シーズン追っかけたアカさんはどこに消えたのか?
2時間半の探索では、声はまったく聞こえず、古巣には戻った形跡もありません。
ココ、ぼつぼつ駄目か?

そうそう、車に積みっぱなしの装備。
明日、冬仕様から春仕様に積み替えます。
だって、夕べなんぞ冬仕様で寝たら熱ッチーのなんの、大汗かいて身体が冷えて…。
もう、熱いのか寒いのかまるでわからンかったもの。
 

エイプリルフールだけど

 投稿者:  投稿日:2009年 4月 1日(水)17時37分29秒
返信・引用
  冗談言っている場合じゃないのでまじめにレス。

gさん、お帰りなさい。
模範囚で一時帰郷を認められたのでしょうか?
熊野の山にももうコマドリが来ているはず。
いよいよ初夏が間近です。

gutsさん、トモエガモ情報ありがとうございます。
暫く探鳥会もお閑をいただいて職務に邁進中です。
「寄稿」お待ちしていますのでよろしくお願いします。
 

帰り道カモ

 投稿者:guts  投稿日:2009年 3月31日(火)22時18分16秒
返信・引用 編集済
  今日、久し振りにトモエガモの雄が復活していました。
行き帰りにちょこっと、当地に立ち寄ってんのカモしれません。
00115522ゲットと。
 

レンタル掲示板
/29